計画的に稼げる投資競馬

最近は、投資競馬という考え方が話題になっています。もともと、競馬とはギャンブルですので、多くの人が思い浮かべるのが勝馬を当てることによる「一攫千金」などを思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、投資競馬は小さな勝利を重ねて計画的に稼ぐ方法です。その投資方法については、「1レース五百円投資法」と「複勝コロガシ」、「モンテカルロ法」などが挙がります。

「1レース五百円投資法」は、最初に1万円を用意して、目標金額を12,000円に設定します。その後、目標金額を達成するたびに、2,000円ずつ上乗せしてかけていく投資法で、投資競馬の中では最もメジャーな方法です。
具体的な掛け方としては、最初に自己資金の1万円を2,500円ずつ4分割します。その後、1レースにかける金額を500円に設定します。
そのことで、1レース500円の馬券が20レース分用意できます。

基本的には、目標金額が12,000円に設定されていますので、2,000円の利益を狙います。馬券の種類は単勝や複勝など的中率の高い馬券の購入がおすすめです。目標利益が2,000円ですので大穴を狙う必要はありません。
そのため、3連系の馬券の購入は避けましょう。投資競馬における、「1レース五百円投資法」のメリットは、初回の自己資金が1万円で少額であることと目標利益が2,000円で、ハードルが低いところが魅力です。

その他の手法としては「複勝コロガシ」があります。
この手法は、複勝倍率1.2倍の競走馬に10,000円かけて、的中させ12,000円の配当を獲得し、次のレースに配当額全体を賭ける手法です。
仮に、全てのオッズが1.2倍で的中させた場合は、1万円の元手からスタートし、12,000円、14,400円、17,280円となるため、最終的には7,280円もの利益が出ます。賭け方としては、複勝率70%の1番人気を賭ける手法が一般的です。高配当をねらうために、2番や3番人気の馬にかけることはしないのが得策です。
複勝1番人気のオッズは平均して配当率が1.2倍前後です。馬の選び方のポイントは、単勝1倍代で新馬戦、未勝利戦を選ぶ考え方も大切です。なお、コロガシは4回までを目安にしましょう。
複勝コロガシのメリットは、低資金から始めコツコツと利益をつめることです。

その他の方法として、「モンテカルロの法則」にのっとる考え方があります。この手法は数列「1,2,3」から始めます。数列の最初と最後の数字を合計すると「4」となるので、1レース目の掛け金を400円に設定します。

この法則では、外れた場合に数列を増やすことです。仮に前回の400円の賭けで外れた場合は、数列を「1,2,3,4」に増加させますこの場合は500円を賭けるのです。この方法にのっとると、3回目のレースの掛け金は600円で、4回目のレースでは700円の掛け金となります。逆に、レースが的中した場合は、数列の両端の2つを消します。
例えば、5レース目で的中した場合の数列は「3,4,5」となり賭け金は800円です。この手法のメリットは掛け金の増大が緩やかなことです。
法則的に数列が消えれば、必ず利益が出る仕組みですので、戦略的な投資をしたい人に向いています。